カテゴリ
随時更新USAバスボート情報
店頭在庫
アルファSTAFF BLOG
PARTS
メンテナンスBLOG

NiTRO

NITRO Z-18

NITRO Z-19

NITRO Z-20

NITRO Z-21

TRACKER boats

ProTeam 175 TXW

ローンのご案内

トレーラーバレット(Trailer Valet)
ALPHA-INTERNATIONAL
大阪府枚方市長尾家具町3-5-13
TEL/FAX 072-866-9007
info@alpha-international.jp
定休日 水曜
営業時間10:00〜20:00
陸運局認証工場完備
TRAILER VALET 楽々トレーラー移動!
本日 全体
訪問者 214 4796783
コメント 0 260
トラックバック 0 0
タホスポーツ 走行中の異音
2017/04/07 13:00:04



1997y シボレー タホスポーツ LS 4WD
「走っていると、後ろの方からキーキー音がする」
ということで来店いただきました。
最近ではだいぶんと希少になってきたタホスポーツ。
なかなか見かけることなくなりましたね。
ということで試運転してみると・・・



後ろではなく前からのキーキー音
音の発生個所はとても判断しにくいです。
そして
一度「ここだ」と思ってしまうと
そこじゃなくても、そこからの音に感じてしまう
ということがよくあります。
一度、すべてのことにリセットをかけて
聞き直すことが大事です。
それでも
走行中の音はとても難しいです。
ただ今回の異音は
難易度1レベルでした

フロント足廻り
ここをよくご覧の皆様は
なんとなくわかりますよね
そうです。
ブレーキパッドの残量が減ってきた時に
なるキーキー音。

フロントブレーキパッド
確かに減っていますが
内側(画像上)に比べて
外側(画像下)のパッドが少ない
基本ブレーキパッドは
多少の誤差はありますが
内・外均等に減っていきます。
原因は・・・・

わかりますか?




ゴムのブッシュが切れているのと変形もしています。
ブレーキキャリパーをハウジングに固定する
ボルトがあります。
そのボルトはスライドできる構造で
キャリパーピストンで押された力を
ディスクを挟み込むような形でパッドの
内外が動けるようになっています。
そのスライドボルトを支えているのが
上の画像のゴムブッシュです。
切れたり、変形していると
ブレーキを踏んだ時に
キャリパーが正常にスライドできず
ピストンで押される内側のパッドだけが
減っていってしまう。
もしくは
ブレーキを離した時に
キャリパーが正常に元位置に戻れず
外側のパッドが引きずりを起こした感じになり
内側のパッドより異常に減ってしまう。
ということが起きます。

ブレーキパッド
ACデルコ製の部品
この商品にはパッド本体だけでなく・・

ブッシュ
こちらも同梱されています。
ブレーキパッドの交換時は
異常がなくても変えた方がいい部品です。

取り付けたら
専用のグリスを塗って組み付けて完成

小さな部品ですが
とても重要な部品です。
車検時はパッド交換がなくても
この個所の給油はさせていただいています。
点検時に異常があれば
ブッシュの交換だけも行えます。

気になる方は、お気軽にご相談ください。



     
   アルファインターナショナル
大阪府枚方市長尾家具町3-5-13
TEL 072-866-9007



この記事のURL : http://www.alpha-international.jp/524767.html
お問合せ   |     |   ▲TOP